• eccjr-nishishinmachi

横断歩道であったこと

出勤途中、西新町駅近くの交差点で2号線を渡ろうと信号待ちしていました。

ちょうど王子小学校の1~2年生くらいの子どもたちが数人、同じ信号でまっていました。


2号線を西から東へ救急車が走ってきて、

そのタイミングで私たちの信号が青になり、

子どもたちが、道路へ足を踏み出そうとして、

「渡る?待つ?」みたいな感じで進もうとする子を友だち同士で止めて、

全員救急車が通り過ぎるのを待っていました。


救急車が通り過ぎてから、横断歩道を渡る途中、

向かい側から自転車で渡ってきたおじいさんやおばさんが、

すれ違いざまに「偉いね~」と声をかけておられました。

子どもたちも嬉しそうでした。


この一連の出来事に、私はなぜかいい事があったような嬉しい気持ちになりました(^^)

0件のコメント

最新記事

すべて表示